2011年03月08日

ペルーのハレの日のご馳走【カラプルクラ】

今月は、ペルーのハレの日の料理「カラプルクラ」を作りました。
カラプルクラになくてはならない食材は、「パパ・セッカ」。聞きなれないこの名前、実は乾燥じゃが芋のことで、ペルーでは伝統的な保存食なんです。日本でも、ペルー食材店で売られています。
ペルー食材店を覗く機会があれば、探してみて下さいね。
また、材料に出てくる「アジパンカ・ペースト」は辛くない唐辛子で、これもペルー食材店で購入可能。なければ、粉末パプリカで代用できますよ。


20110308ペルー料理用材料仕込中.jpg

20110308ペルー料理.jpg

お肉が2種類とたっぷり入ったパパ・セッカで、食べ応え満点るんるん
でも、食べた感じはあっさりしていて、お腹にもたれる感じもなく、美味しいですよ〜!【ベティ】


材料(4〜5人分)

 パパ・セッカ     250g
 鶏モモ肉       250g
 豚バラ肉       250g
 玉ねぎ        1個
 アジパンカ・ペースト 小さじ1/2
 (粉末パプリカで代用可)
 ピーナツ       100g
 おろしにんにく    小さじ1
 塩・コショー     適宜
 油          適宜
 コリアンダーの葉   あれば
 クミン        適宜
 クローブ       適宜

作り方
 @パパ・セッカはひと晩、水につけて戻す
 Aピーナツはフードプロセッサーで粉末化する
 B玉ねぎはみじん切り、肉類は小口切りにする
 C鍋に油を熱し、玉ねぎとおろしにんにくを炒める
 D肉類を加え、さらに炒める
 Eアジパンカ・ペーストと塩コショー、クミン、クローブを加え、また炒める
 Fピーナツの粉末を加えて、しっかり混ざるまで炒める
 G水240CC(分量外)とパパ・セッカを入れ、パパ・セッカが柔らかくなるまでじっくり弱火〜中火で煮る。
 HGを皿に盛ってコリアンダーを飾り、ごはんを添える。
posted by s_baby at 17:00| ペルー料理を楽しもう♪

2011年02月09日

LOMO SALTADO「ロモ サルタド」 牛肉の炒めもの

20110208ペルー料理.jpg

今回の「ペルー料理を楽しもう♪」のコーナーは「ロモ・サルタド(牛肉の炒めもの)」。
ペルーの昼や夜ごはんによく出される定番料理です。
味付けのポイントはクミン。
カレーに欠かせないスパイス(といっても辛くない)で、「そういえば手作りカレーを作ったあとに余ってる!」なんて方は是非作ってみてください。


材料
牛肉(ロース、カルビ肉等)、玉ねぎ、トマト、ジャガイモ・・・適宜。全て同量で、同じ拍子切りに。
にんにく ひとかけ
クミン、塩、こしょう、レモン汁(orお酢)、サラダ油

作り方
1)フライドポテトを作る(切ったポテトを油であげる)
2)拍子切りにした牛肉に塩、こしょう、クミンをたっぷりかける
3)油をひいたフライパンで、ニンニクと牛肉、玉ねぎ、トマトを炒める
4)3に1を加える
5)4に塩、こしょう、レモン汁(orお酢)で味をととのえて出来上がり。


ペルーの食事は、朝が軽く、昼・夜がしっかりしています。
朝は食卓にハムやオリーブ、ジャム、バター、前夜の残り物、オートミールなどを並べておいて、1人1人好きなものをパンに挟み、飲み物と一緒に食べる簡単なものです。
昼と夜は、ごはんとおかずと汁物をそろえることが多いですね。
ちなみに、ペルーのお米は日本のお米より粒が長くて、油・にんにく・塩で軽くいためガーリックライスにして食べるんです。これもおいしいですよ♪         【ベティ】

posted by s_baby at 16:06| ペルー料理を楽しもう♪

2010年12月07日

手軽なおやつ「BUDIN」(パンプティング)

20101221BUDEN.jpg

 BUDINは、スペインから伝わったおやつで、ペルーのパン屋さん・ケーキ屋さんでは、ポピュラーに売られているパン・プティングです。
もともとは固くなったパンの再利用に作ったおやつのようです。
スペインでは、もっとオシャレに生クリームやフルーツをのせたりするレシピもあるようですが、ペルーではマーマレードやキャラメルをかけて食べるのが普通。
価格もお手頃で、1ピース50〜100円くらいで売られている、とても庶民的なおやつです。
                             201012071422000.jpg
 本来ペルーでは、もっと甘味が強いのですが、今回は日本人にも食べやすいように、甘さを控えめにして作りました。
もっと甘さを控えれば、小さな子の離乳食にもなりますよるんるん  【ベティ】
  
                                        

材料  
A  ライ麦パン(食パン)1斤 ⇒ 小さくちぎっておく
   牛乳 500ml
   卵  3〜4個
B  砂糖 150 CC(甘さはお好みで)
   ココナッツファイン※ 1/4 カップ
   サラダ油orなたね油(または溶かしバター) 大さじ1/2
   バニラエッセンス 2ふり
C  くるみ 1袋(約15〜30g)⇒ 好みのナッツでOK
   レーズン40g ⇒ 好みのドライフルーツでOK
マーマレード(適量)

※ココナッツファイン・・・ココヤシの果肉を削ったものを乾燥させて粉末にしたもの。製菓材料として売っています。



作り方 
@ Aをボールに入れ、フードプロセッサーorブレンダーor手でこねて、ドロドロにする。
A @にBを入れ、混ぜる。
B 最後にCを入れ、混ぜる。
C フライパンに油を塗り、Bを入れ、蓋をして弱火で30分焼く。
D 焼けてきたらひっくり返して、更に弱火で20分焼く。
E 焼きあがったらお皿に移し、表面にマーマレードを塗る。
 最後にココナッツファイン(分量外)を振りかける。


みかけはドイツのクリスマスのお菓子、シュトーレンにも似ていますが、口に入れると違いは歴然!
プリンでもケーキでもない、不思議なしっとりした食感がたまりません。
フライパン一つでできるのも忙しいママにはうれしいですよね。 
                                     
posted by s_baby at 00:00| ペルー料理を楽しもう♪